MENU
とよたの暮らしに関する記事一覧はこちら!

豊田市に10年住んで感じる豊田で子育てをするメリットは何?

※当サイトでは広告によって収入を得ています。

\こそだてスポットを発信中/
豊田の日常を
ストーリーに投稿
《Instagram》

年齢別でさがす
おでかけポイントで見つける
目次

豊田市に来たきっかけは?

愛知県豊田市で仕事をしている夫と結婚をしたので何も知らない豊田市に引っ越してきました。結婚式を東京で挙げて、翌日に車で夫と愛知県に来ました。

明日館の結婚式では夫の会社の方々が豊田から池袋まで来てくださいました。

夫は既に豊田市で働いていたので、2人で暮らす場所なども結婚前に夫が準備をしてくれて、そこで新しい生活を始めました。

豊田市に来て初めて食べたモーニングはグランドカフェJUNで

戸惑った地元との違い

親戚も全員関東にいるので、関東での常識が私の中では当たり前。

そんな自分が豊田市に来て驚いたことはいろいろあります。

例えば:

  • 自動車関連の仕事をしている人多い
  • トヨタカレンダーの存在感すごい(祝日は仕事!)
  • 地元の人のスピリット強め
  • ペーパードライバー肩身狭い
  • 3世代で協力して子育てしている家庭が多い
  • 「無料」が多い
  • 公立王国

豊田市は「田舎」といわれるけれど、決してクセが強い地域では無いです。

特に私が気に入っているのがここが「排他的」な場所では決して無いということ。

県外から来ている人、海外から来ている人もどちらかといえば「生活しやすい」場所だと思います。

そんな良い場所ですが、何が大変かというと「移動」ですかね。

都会との違いで一番大きいのは「公共交通機関」が不便!

これは、関東や関西から来ているママさん達ともよく話すことです。

車を自分で運転する人は良いのですが、子供達が中高生になっても親が送迎するのでしょうか?

豊田市は車で移動することが前提になっていることがとにかく多いです。

イベントや施設が多く、はじめ車に乗れなかった私は「私はここでは何も参加できない。」とよく落ち込みました。

ペーパードライバーの強い味方

名鉄バス

おいでんバスの時刻表

おいでんバスは100円!豊田市駅から福祉センターまで行けます。

豊田市の強みは?大人編

公共交通機関については不満が多い私ですが、豊田市が大好きです!

豊田市の強み、色んな意味で「平和」なところだと思います。

時々ニュースになるような事件もあるし、学校も心配になるような事件もあって、決して「パーフェクト」な場所では無い。

それでも「真面目」で「安定・安全志向」の人が多いのか、「質実剛健」のイメージ。

私の小学生の頃に比べると、豊田市の小学生は本当に真面目に生活していると思います。

なので、そういう文化が好きな人には合っているかも。

私はもともと都会の誘惑が多い場所に住んでいて、さらに遊んでばかりの小学生でした。

豊田市の真面目な気風や文化は私には刺激になります。平和なので、頑張ることがしやすいのかな。

でも、遊びたい人には物足りないかもしれませんね。

豊田市の交流館は小さな子どもが遊べるスペースや図書スペースがある

子どもが好きな豊田市の良いところ

大人から見る「良い点」と子どもから見る「楽しい面」は違うのかもしれません。

では、子ども目線で豊田市の生活を見てみるとどうでしょうか。

豊田市の子ども達(我が家の場合)が気に入っているのは次の部分だと思います。

  • 行事
  • 自然
  • 学校や園の雰囲気
  • 地域で会う人たち

我が家の子ども達は「地域の行事」が大好きです。親がここに長く住んで地域のお役を担っているわけでもないのですが、地域のことをとても身近に感じている子供達。

小学校の社会科の授業の影響かもしれませんが、「地域への帰属意識の高さ」がこの地域を楽しいと感じる一つの要因のような気がします。

大人にとって「帰属意識」は「楽しい」時は良いけれど、人間関係やいろいろな縛りで、煩わしくなると、それに囚われる必要はなく、「地域」との距離感も大切に感じます。

でも、お祭りや地域の方々との交流によって我が家の子ども達が豊田を自分の「ふるさと」として愛着も持てるようになっていることは県外から来ている夫も私もありがたいと思っています。どの家庭の子どもも温かく受け入れてくれる地域の優しさに感謝しています。

おいでん祭りと花火が大好きな子ども達

温かい地域で子育てができて親子で自信がつく

一般的に豊田市の強みを聞くと「トヨタ自動車があるから税収が多くて、市役所や公共施設が整っている。財政基盤がしっかりしている。」と8割〜9割の人は言われます。

たしかに財政基盤はとても大事です。それによる精神的な安定から、平和な暮らしを得られて、地域の人たちが子ども達に温かい声かけをしてもらえることもあるかもしれません。

人々の暮らしが補助や公共サービスに支えられていることは確かです。

親子の強い味方、子育て支援センターあいあい

でも、私が実際豊田市で子育てしながら感じるのは、「子ども達が地域に愛着を持つ」のは、地域の横断歩道や交流館、学校、地域活動などで出会う「地域の人たち」との交流の機会。

親でもなく、友達でもなく、「地域の人」との会話。それが「地域の子ども」として恩恵を受けている瞬間だと思います。それが、他の地域よりもしやすいのではないかと感じます。

転勤で豊田市外に引っ越した人たちも「子どもが小さな頃を豊田市で過ごせたことは本当に良かった。」と言っています。私ももし今どこかに転勤することになっても、同じことを言うだろうなと思います。

豊田市で子育てをするメリットは、地域との関わりで子どもに安心感を与えられること。子どもを子どもらしくのびのび過ごさせられること。親も都会のように他人と比べて忙しくなるのではなく、自然や生活を大事にして自分らしく生活できることではないでしょうか。

とよたの猫

我が家は豊田市で子育てをしながら地域のイベントにいっぱい遊びに行っています!

先日家族で初めて乗った熱気球!

スポンサー

【お願いとご注意】本ブログに掲載されている情報は個人が載せているものです。時間経過やコロナによって情報の内容が変わる場合があります。ご自分で最新の情報をチェックするようにお願いします。

よかったらシェアしてね
スポンサー
目次