MENU
とよたの暮らしに関する記事一覧はこちら!

週末に豊田市環境学習施設エコットへ親子で行ってみた!

※当サイトでは広告によって収入を得ています。

\こそだてスポットを発信中/
豊田の日常を
ストーリーに投稿
《Instagram》

年齢別でさがす
おでかけポイントで見つける
とよたの猫

週末に豊田市環境学習施設エコットに親子で行ってきました!

目次

環境や社会について子どもが学べる施設エコット

エコットの基本情報

開館時間9:00~17:00
閉館日毎週月曜日(祝日の場合は翌日休館)年末年始12月28日~1月4日
入場料無料
場所豊田市渡刈町大明神39-3 渡刈クリーンセンター内
Googleマップで見る
駐車場有(無料)
電話tel:0565-26-8058
https://www.eco-toyota.com/
エコットの駐車場にある木枠コンポスト

小学生の子どもが学校の見学でエコットに行ってきました。

見学が楽しかったようで「ママ、エコットって知ってる?今度一緒に行きたい。」と誘ってくれました。

建物の前が駐車場になっている。

エコットに入ると「こんにちは!」とインタープリターさんが声をかけてくれました。

いろいろな展示がしてあるエコット。
エコットのインタープリターさんってどんな人?

エコットで私たちが環境や施設の役割について学びやすいように案内をし、一緒に考えたりしてくれる方々です。

単に知識を教えるのではなく、 「渡刈クリーンセンターの見学」や 「展示学習プログラム」の案内を通じて 来館者のみなさんの気づきを促すことが インタープリターの役割とのこと。

楽しみながら、気づきを得る

長女はエコットに小学校の授業で見学に来ていたので「あの煙突はね、すごいんだよ。」や「あ、これスラグを再利用してる!スラグっていうのはね。」など、色々知っていて、私と次女に一生懸命教えてくれ楽しそうな様子。

次女は、なんだか文字がいっぱい書いてあるし、つまらない場所だったらどうしようと少し不安そう。

インタープリターさんが「これやってみる?ちょっと一緒に考えることができたら、最後にお土産ももらえるよ。」と言ってくれて、次女もやる気に。

段ボールでできている椅子や棚があるエコット

「食べ物の好き嫌いやめられるといいな。」

エコット1階でフードロスをなくす取り組みを自分達はどんなことができるか考え、ピストルで妖怪を倒すゲーム。

ママは「この妖怪だね」と子ども達に買いすぎないように注意される

「買い過ぎ」「好き嫌い」など我が家に潜む妖怪たちを親子で倒して、ポストイットにも宣言を書き貼ります。

「好き嫌いしない」と書いて欲しかったけど、「買いすぎしない」と書く次女

「値段のことしか気にしていなかったよ。」

我が家は、夫も私も買い物の時に値段を気にするので、子どもたちも「ママ、こっちの方が安いよ。」と教えてくれます。

そんな子が「国産のもののみでカレーを作ろう。」というミッションに挑戦。

紙に書いてあるレシピを見て、棚から一つずつ自分で選んで買い物カゴに入れていきます。

それぞれ「国産のものだけで」と「一番安く」というミッションで買い物

国産のものを選ぶことになった長女は「えっ?国産、高い。アメリカとかブラジルだともっと安く作れるのにぃ。」と言いながら、カレーを作るのに1350円がかかりました。

もう1人は「安く作ろう。」のミッションなので、輸入の野菜や肉を使って、600円程度に納めることができました。

生産地と値段が書いてあるカレーの材料

「ママ、国産だけど、高くなっちゃった。」と複雑そうな子ども。

本当は高くても国産のものとか、オーガニックのものを買いたいです、私も。

でも、現実的になかなかいつもそうはしてられないんですよね。

そういう事情も子ども達に説明しました。

発電って大変!汗をかいて自転車をこぐ

自転車をこいで発電をし、灯りをつける体験。

人力発動自転車(エコット公式サイトより)

20秒くらい自転車をこぐとテレビの電気もつくのですが、私はギブアップ。

子どもは何度か挑戦し、最後やっとほんの少しテレビの画面がつき、喜んでいました。

汗をかき、こんなに大変とはと実感したのでした。

環境について考えられるスポット

エコットでは、私たちの生活に身近な環境問題について色々な角度(食べ物を大切にすることや節電など)から考えられるような展示がしてあります。

料理やスローライフ関係の雑誌も最新号が置いてある
座って読書できるスペース

子どもが分かりやすいように大きな字でイラスト付きで綺麗に展示してあるのですが、親子だけだったらこんなに集中して考えたり、真剣にワークシートに取り組んだりできなかっただろうなとインタープリターさんの存在がありがたかったです。

読みたい本があったら自由に持って帰って良い「くるっと文庫」

\ エコットに行ったよ! /

とよたの猫

家族で遊びに行って環境のことを考えてみましょう!

スポンサー

【お願いとご注意】本ブログに掲載されている情報は個人が載せているものです。時間経過やコロナによって情報の内容が変わる場合があります。ご自分で最新の情報をチェックするようにお願いします。

よかったらシェアしてね
スポンサー
目次