MENU
とよたの暮らしに関する記事一覧はこちら!

あなたのお店でもキャッシュレス管理の一元化をしませんか?

※当サイトでは広告によって収入を得ています。

目次

キャッシュレス管理の一元化

現在PayPayが使えるお店が増えてきました。気になっているお店のオーナーさんも多いのではないでしょうか?

の登録

今回ご紹介する PayCASは、PayPayだけでなく、1台であらゆる決済に対応している超便利な端末。大きさはスマホくらいの大きさですが、以下の決済に対応しています。

PayCASが対応している支払い方法

クレジットカード

PayCAS公式サイトより

電子マネー

PayCAS公式サイトより

QRコード決済

PayCAS公式サイトより

お店のスタッフが複数のレジや端末での売上データをまとめて確認する手間が省け、経営者は効率的な経理作業がしやすくなるのがメリットですね。

WeChat Payは法人のみ申込みが可能です。各決済ブランドごとの審査になりますので、一部ブランドのみ導入不可となる場合もある。

移動が自在な決済端末

PayCAS Mobile端末はソフトバンク通信回線搭載で、店舗内外での使用が可能です。

このため、出張販売やイベント出店、移動販売車など、様々な場面で顧客に対して柔軟かつ便利なキャッシュレス決済が行えます。

マルシェや屋外イベントに出かける際もとても便利ですね!

お得な決済手数料

特別プランを活用することで、1台あたりの使用料が1980円となり、お得な決済手数料でPayPayを利用できます。

これは、クレジットカードの利用者が多い場合に特に効果的で、コスト削減に寄与します。

PayPayからのお申込み限定特別セットプラン

端末費用0円・月額利用料1,980円〜・決済手数料もおトク!

PayPay公式サイトより

クレジットカードの普及促進

クレジット・電子マネー・QRコード決済をコンパクトに集約した決済システムの導入により、お客さんにとって支払いが簡単になり、売上増加が期待されます。

クレジットカードは接触IC(差し込み式)、磁気ストライプ(スライド式)、非接触IC(かざすタッチ決済)の3種類に対応しています。

PayPay公式サイトより

注意点

導入後に解約する場合、4年以内に解約すると解約違約金が発生します。しっかりと契約内容や解約条件を理解し、適切な時期に解約することが重要です。

PayPay公式サイトより

気になっている人はぜひ導入を!

新しいことを始めるのは怖いですよね。

でも、デジタル決済はすでに始めているお店が多く、どれほどメリットがあるかは想像ができるので始めやすい事だと思います。

PayPayのみ登録する

PayCASの詳細をみる

スポンサー

【お願いとご注意】本ブログに掲載されている情報は個人が載せているものです。時間経過やコロナによって情報の内容が変わる場合があります。ご自分で最新の情報をチェックするようにお願いします。

よかったらシェアしてね
スポンサー
目次